借地権とは


現在暮らしている建物が、人の土地を利用して建てられている場合、その権利は誰のものとなるのでしょうか。狩に土地の持ち主がその土地を売却する場合、建物を使っている方はそのまま追い出されることになりそうですが、そうならないように日本の法律では借地権という権利が用意されています。借地権により、建物の所有者は一定の期間土地の利用権を持ち、建物の存在を保証することが出来るので、少なくとも契約期間の間は、土地の所有者でも建物を壊すなどの行為は行えないようになっています。

借地権にはいくつか種類があり、大きく分けて借地借家法と旧借地法に分けることが出来ます。旧借地法の場合、住居や集合住宅、工場用地に使用している場合に適用され、半永久的に土地を借りることが出来るのに対し、借地借家法では、住宅に限り、50年以上の契約期間が設定され、返還期間には土地を更地にして返還することが義務付けられています。この違いを把握していないと、建物や土地の所有や維持に関するトラブルが発生する恐れがあるので、現在土地を間借りしているか、過去に契約した方の建物が建っている場合、どちらが適用されているのかチェックしてください。

借地権は建物を持つ人はもちろん、土地を持つ人にとっても重要な権利なので、必ず正確な情報を把握しておくことが大切です。中には遺産相続などで土地を受け継いだものの、過去に契約を結んだ方が利用しているなど、借地権が理由となり、土地が利用でいないなどのトラブルが起きたこともあるので、お互いが納得できる形で土地を利用できるようになるよう、法律事務所に相談するなど、借地権に関する情報をきちんと調べておきましょう。

LINK>>>http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html