時期による変化


土地を貸し出して誰かの建物を建てる場合、建物存在を保証し、いずれは返還してもらうために、借地権の元、建物と土地の持ち主とで契約を結ぶ必要があります。もし遺産相続などで、過去に契約を結び、現在も土地を借りて建物を建てている方がいる場合、どの借地権が適用されるのか調べる必要があります。というのも借地権は契約した時期によってその内容が異なるので、そのことをきちんと把握しておかないと、後々のトラブルにつながりかねません。

借地権は時期によって変化します。平成4年7月31より前から土地を借りている場合は旧借地法、それ以降から借りた土地の場合は借地借家法で定められた借地権を所有していることになります。この二つは契約内容が異なり、現在建てられた建物がどう扱われるか変化します。急借地法の場合、契約期間が半永久的のもので、定期的に更新手続きが必要になるなど、土地の所有者側にすると、面倒なことが多いです。その分借地借家法では、契約更新が出来ず、建物も建物の管理側が取り壊すなどの作業を行うので、後処理のコストもかかりません。

建物の所有者側にしてみれば、借地権の違いで、その後の生活は大きく変わります。旧借地法に基づいた土地を所有している場合は、当時の契約内容が適用されるので、半永久的に利用することが可能ですが、借地借家法については、将来的に立ち退きが確定しています。建物の買いたい費用なども考えると、後々のための貯蓄をしておくなどの備えが必要となるでしょう。