不動産をチェック


住宅の購入する際、中古の物件の中に借地権が含まれているものを見ることがあると思います。借地権は、他人の土地に建物を建てる際に、建物の所有権を得るための権利で、あらかじめ定められた契約期間の間は、建物の存続と土地の利用が認められることになります。借地権つきの住宅は土地も購入する形の物件よりも安く設定されているので、予算不足の際に役立ちますが、借地権の種類による契約内容の違いには気をつけましょう。

借地権は時期によって保障されている権利が異なります。平成4年7月31日より前に契約した場合は、半永久的に契約を延長できる旧借地法に基づいた借地権が適用され、それ以降の場合は借地借用法が適用された借地権が適用されます。どちらかというと旧借地法が適用されているほうが、土地を借りる側としては有利に働くといわれていますが、その分物件は古いものが多く、契約更新の際にトラブルが起きる可能性も否定できません。

旧借地法が適用されている場合、契約の更新が認められさえすれば、いつまでも土地を使うことが出来るのですが、土地の所有者が変わり、契約の更新が認められない場合は、建物を引き払うしかなくなります。契約の更新が認められないことで裁判に発展することもあるので、後々の苦労を考えて、契約期間が完全に固定されており、引き払いが命じられている借地借用法が適用されている物件を購入する方もいます。どちらにしても一長一短があるので、まずは不動産の情報をチェックして、自分たちにとってどちらが得か良く考えてみてください。