不動産をチェック

住宅の購入する際、中古の物件の中に借地権が含まれているものを見ることがあると思います。借地権は、他人の土地に建物を建てる際に、建物の所有権を得るための権利で、あらかじめ定められた契約期間の間は、建物の存続と土地の利用が認められることになります。借地権つきの住宅は土地も購入する形の物件よりも安く設定されているので、予算不足の際に役立ちますが、借地権の種類による契約内容の違いには気をつけましょう。

借地権は時期によって保障されている権利が異なります。平成4年7月31日より前に契約した場合は、半永久的に契約を延長できる旧借地法に基づいた借地権が適用され、それ以降の場合は借地借用法が適用された借地権が適用されます。どちらかというと旧借地法が適用されているほうが、土地を借りる側としては有利に働くといわれていますが、その分物件は古いものが多く、契約更新の際にトラブルが起きる可能性も否定できません。

旧借地法が適用されている場合、契約の更新が認められさえすれば、いつまでも土地を使うことが出来るのですが、土地の所有者が変わり、契約の更新が認められない場合は、建物を引き払うしかなくなります。契約の更新が認められないことで裁判に発展することもあるので、後々の苦労を考えて、契約期間が完全に固定されており、引き払いが命じられている借地借用法が適用されている物件を購入する方もいます。どちらにしても一長一短があるので、まずは不動産の情報をチェックして、自分たちにとってどちらが得か良く考えてみてください。

時期による変化

土地を貸し出して誰かの建物を建てる場合、建物存在を保証し、いずれは返還してもらうために、借地権の元、建物と土地の持ち主とで契約を結ぶ必要があります。もし遺産相続などで、過去に契約を結び、現在も土地を借りて建物を建てている方がいる場合、どの借地権が適用されるのか調べる必要があります。というのも借地権は契約した時期によってその内容が異なるので、そのことをきちんと把握しておかないと、後々のトラブルにつながりかねません。

借地権は時期によって変化します。平成4年7月31より前から土地を借りている場合は旧借地法、それ以降から借りた土地の場合は借地借家法で定められた借地権を所有していることになります。この二つは契約内容が異なり、現在建てられた建物がどう扱われるか変化します。急借地法の場合、契約期間が半永久的のもので、定期的に更新手続きが必要になるなど、土地の所有者側にすると、面倒なことが多いです。その分借地借家法では、契約更新が出来ず、建物も建物の管理側が取り壊すなどの作業を行うので、後処理のコストもかかりません。

建物の所有者側にしてみれば、借地権の違いで、その後の生活は大きく変わります。旧借地法に基づいた土地を所有している場合は、当時の契約内容が適用されるので、半永久的に利用することが可能ですが、借地借家法については、将来的に立ち退きが確定しています。建物の買いたい費用なども考えると、後々のための貯蓄をしておくなどの備えが必要となるでしょう。

借地権とは

現在暮らしている建物が、人の土地を利用して建てられている場合、その権利は誰のものとなるのでしょうか。狩に土地の持ち主がその土地を売却する場合、建物を使っている方はそのまま追い出されることになりそうですが、そうならないように日本の法律では借地権という権利が用意されています。借地権により、建物の所有者は一定の期間土地の利用権を持ち、建物の存在を保証することが出来るので、少なくとも契約期間の間は、土地の所有者でも建物を壊すなどの行為は行えないようになっています。

借地権にはいくつか種類があり、大きく分けて借地借家法と旧借地法に分けることが出来ます。旧借地法の場合、住居や集合住宅、工場用地に使用している場合に適用され、半永久的に土地を借りることが出来るのに対し、借地借家法では、住宅に限り、50年以上の契約期間が設定され、返還期間には土地を更地にして返還することが義務付けられています。この違いを把握していないと、建物や土地の所有や維持に関するトラブルが発生する恐れがあるので、現在土地を間借りしているか、過去に契約した方の建物が建っている場合、どちらが適用されているのかチェックしてください。

借地権は建物を持つ人はもちろん、土地を持つ人にとっても重要な権利なので、必ず正確な情報を把握しておくことが大切です。中には遺産相続などで土地を受け継いだものの、過去に契約を結んだ方が利用しているなど、借地権が理由となり、土地が利用でいないなどのトラブルが起きたこともあるので、お互いが納得できる形で土地を利用できるようになるよう、法律事務所に相談するなど、借地権に関する情報をきちんと調べておきましょう。

LINK>>>http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html